変わりつつある日本の歯科医療

>

インプラントの歴史と現状

インプランとの歴史と治療法

インプラントと一言でいっても、歯だけではなく実は体内に埋め込む機器などの総称であり、ペースメーカーや人工関節などもインプラントと言います。
しかしインプラントと言えば義歯の事を言うのが一般的です。
歴史は意外に長く、原形のようなものは紀元前から行われていたと言われます。1952年に、スウェーデンでチタンが骨と結合する現象が発見され、1965年に臨床応用されました。
インプラント治療とは、何らかの原因で失われた歯の部位にチタン製のインプラントを埋め込み、その上に義歯を付けるという治療法です。手術の回数が1回の1回法と、2回行う2回法とがあり、骨が柔らかかったり、骨移植が必要な場合は2回法を選択します。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリットとしては、ブリッジの様に他の歯に負担をかけずに義歯が入れられることと、自然歯に近い見た目と機能があることなどです。デメリットとしては骨が欠損していると困難なことや粘膜との結合が弱く、感染しやすいことなどがあげられます。
治療後も口腔清掃をしっかりすることが重要です。定期的にメンテナンスに通う必要もあります。
また、治療期間が長いのと、自費治療になるので高額ということです。平成24年から健康保険が使えるようになっていますが、先天性疾患やガンなどで顎骨を切除した場合などに限られており、一般的ではありません。
心疾患や糖尿病などの持病がある場合は、手術が難しくなったり、感染の可能性が高まったりすることがあり、注意が必要です。また歯周病疾患があると、治療後のインプラントの残存率が低くなるので、歯周病を治療した後に施術する必要があります。


シェアする